クルマの紫外線対策!

太陽から降り注ぐ紫外線が
ジリジリ肌に感じる季節が始まります。

紫外線は 人体だけでなく
車のボディーや車の内装にも
大きなダメージを与えてしまいます。

紫外線って何?

太陽光の一つで最も波長が短く、
高いエネルギーを持っています。

また紫外線は波長の種類によって
『UV-A』   『UV-B』  『UV-C』
の3つに分類されます。

その中で一番危険なのが
『UV-C』ですが、
地球はオゾン層に守られている為
地上には降り注ぐ事はありません。

一方『UV-A』は地上へ到達し、
皮膚の老化やしわ・たるみの原因となります。

また『UV-B』は細胞の遺伝子を破壊し
白内障や皮膚がんの原因
作り出す事もあります。

紫外線・・・恐るべし!!
そんな恐ろしい紫外線から愛車を守るには…

ボディー編

①日差しを遮る屋根付き駐車場に保管する。
メリット
●紫外線のみならず
雨や雹(ヒョウ)害からも守ってくれる。

デメリット
●設置費用にお金がかかる。


②ボディーカバーを使う。

メリット
紫外線によるボディの色褪せ・劣化防止
●花粉や黄砂などの付着も防止できる
●車内状況がわからないため、
警戒されると同時に車上荒らしやイタズラの
ターゲットから外れやすくなります。
●駐車場で遊ぶ子供からの小傷防止
●洗車回数が激減する

デメリット
●強風時にカバーが外れてしまう事がある。
●脱着が面倒である。
●汚れたカバーは、反対にボディを汚す。
●コーティングしたばかりの車は使用不可。

ボディーカバーは、保護性能・耐久性などで
2,3千円程度で購入できる商品から
3万円以上する高額な商品までございます。

値段が高いと何が良いのか?
それは布地の防水・耐久性や
裏地素材に差があります!
シートの構造も何層にもなっており
ボディへの貼り付き防止・耐熱性能も高いです。
また裏地が起毛加工されている事で
砂や小石によるボディへの傷も付きにくく
カバー内部の湿気・熱気も逃がしてくれます。

ボディカバーの買い替え時期・寿命は?
使用地域・環境にもよりますが
屋内保管4~5年ほど
屋外保管2年半前後が目安となります。


③カーコーティングを行う。

メリット
●コート被膜が塗装面を紫外線から保護する。
●ボディ表面の摩擦が少なくなる事で
汚れが付着しにくくなる。

デメリット
●定期的な洗車やメンテナンス等、
アフターケアが必要。

カーコーティングとは、
シリコンなどの高分子化合物を塗って
ボディを保護するポリマーコーティング
ガラス被膜を形成するガラスコーティング
があります。
また使用する薬剤により水滴の流れ方も
親水性 撥水性 滑水(かっすい)性
と3種類のタイプがあります。

親水性
水滴になりにくく、
薄い水の膜で流れ落ちるので
ウォータースポット(水滴痕)が
ボディに残りにくくなります。
色の濃いクルマや外駐車の方におススメです。

撥水性
なんとなく聞き覚えのある言葉ですね!
みなさまの思っている通り?
クルマのボディーの上を水玉がコロコロと
流れ落ちて行くコーティングです。

滑水性
撥水の上を行くコーティングとなります。
言葉の通りボディーの上を
水玉が滑り落ちて行くような
コーティングです。


 車内編

①カーフィルムを貼る。

メリット
●紫外線を大幅に軽減できる。
フィルムの種類によっては、
99%以上カットできる優れた商品もあります。
●断熱効果が上がる
●ガラスの飛散防止

デメリット
●夜間走行時、車内からの視認性が悪くなる。

自動車を運転していると
つい日焼けの事を忘れがちですが
夏場など日差しの強い季節は
車内でも日焼けをしてしまいます。
営業マンの方は右腕だけ日焼けしている
なんて方も多いのでは?

オートバックスでは、
紫外線カット・飛散防止ができる
透明なカーフィルム施工作業も
承っておりますので、お気軽に店舗に
お問い合わせください。


②サンシェードを使用する。

メリット
●車内温度が上がるのを抑えてくれる。
●紫外線によるダッシュボート・内装品の色褪せ防止。
デメリット
●サンシェードつけるのが面倒。
●走行中は装着する事が出来ない。

夏に大活躍のサンシェードですが
どのくらいの効果があるのでしょうか?

JAFの検証によると真夏の晴天時に
外気温が35度の場合、
お昼の12時に3時間放置すると、
エンジン停止後30分で
車内温度は45度に到達。
その後もグングン温度は上がり続け
15時の時点で車内温度は55度
超えるようです。

またダッシュボードやハンドルの温度は
75度まで上昇してしまう様で、
熱くてハンドルが持てない・・・
エアコンもなかなか効かない・・・
なんて事になってしまいます。

一方、サンシェードを使用した場合、
車内温度については、さほど差が無いようです。
ただしダッシュボードの温度は50度未満
抑えられるので、窓を全開にして
車内の熱い空気を入れ替えれば
すぐに車内温度も下がり快適になります。

つまり、夏場でサンシェードを使うのは
熱源となってしまうダッシュボードに
蓄熱させない事なんです。
車内に熱源を作らなければ、熱せされるのは
空気だけなので、窓を開けて空気を入れ替え
る事で熱気は解消されるのです。

紫外線から車内の樹脂部品を守る

車の内装の多くは樹脂(プラスティック)
が使用されています。
プラスティック部品は、紫外線を浴びると
劣化(硬化)する性質があります。
青空駐車の場合、10年もすると
ダッシュボードが歪んできたり、
捲れてきたり、白っぽくなってしまいます。
プラスティックの劣化を完全に防ぐ事は
できませんが、サンシェードを使用する事で
劣化を大幅に遅らせる事は可能です。


ドラレコ付きの車におススメのサンシェード!

ルームミラー周りが広いので
ドライブレコーダーの
邪魔になりにくいのです。


車種専用サンシェード!
愛車へのフィット感がばっちりなので
効果倍増!!

オートバックスWEBショップで
100セットのみ限定販売!
詳しくは画像をクリック!


運転席・助手席用シェードがある!

流行の車中泊や
長い時間の野外駐車時におススメ!!


これからが夏本番!
体の体調管理も大事ですが
お車もちょっとしたメンテナンスを
する事で、紫外線による劣化防止や
暑さ対策にも大きく役立ちます。

これからの暑い季節
快適なカーライフをお楽しみ下さい。


2019年6月25日